RCその他

2008年12月 9日 (火)

('07)プロポのバッテリー

つい最近まで、プロポにはアルカリ乾電池(特売品)を使用していたのですが、イマイチ地球に優しくないのかなーなどと考えましてサンヨーのエネループを導入してみました。

使用開始は7月から。乾電池に替えて、電池ケースに入れてそのまま使用&そのまま充電。使用時は問題無いのですが、充電時にチャージャーが認識したりしなかったり、またはセル数を誤認したりとあまり良い状態ではありませんでした。充電ジャックからお手軽に済ませたいので、変換ケーブルを作って充電していますが・・・うーん安定しませんね。
071_3
電池ケースの接触抵抗が結構バカにならないくらい大きく、それがチャージャー側の誤認に繋がっているのかもよ~なんて情報を小耳に挟みましたので、エネループをパック化することにしました。

手持ちのプロポはサンワMX-3S。電池ケースとプロポを結ぶコネクターは、青いZコネクターと呼ばれるものです。以前、古いアンプを使おうとして変換ハーネスを買い、使用してみたものの現行のモーターをドライブし切れなくて敢え無く失敗・・・orz。その頃の部品を余らせていたので、ようやく今回、陽の目を見ることが出来ました。バッテリーのシュリンクチューブはストレートパック用のがそのまま使えそうなので、手持ちにて対応。シャンテのみ、通販で取り寄せです。
072_3
先ずは8本の単三を2コ1の4組に分け、シャンテをハンダ付けします。次に4組を相互間で接続し、終端からリード線を引いて、最後にシュリンクチューブでパッケージングして完成。ハンダ付け時はバッテリーの固定に少し手こずりましたが、おおむね、平たく&まっすぐに組めたので良しとしましょう。
073_3
プロポに組み込み時、電池ケースのガイドが邪魔になったので該当箇所を削り取りました。これでプロポ内に収まります。んが、このままだと使用中にバッテリーパックがプロポ内でガタガタと暴れてしまいますので、スキマにスポンジを詰めてやります。これでカッチリと収まりました。

動作は極めて良好。充電は・・・?
きちんと8セルで認識されました。安心安心~と思いきや、充電が進むと(満充電に近づくと?)表示は9セルに。チャージャーの中の人、間違ってますよー。1セル増えた分、充電電流は見かけ上(表示上)落ちているので、実害は無いと思いますが・・・なんか気持ち悪いですね。
もしかして、充電ジャックが原因なんでしょうか?でも、お手軽さ優先で、しばらくはこのままで使ってみます。

| | コメント (0)

('07)バッテリー組み立て

お盆の走行で、あまりの暑さの為(?)バッテリーのラベルやエンドカバー等が変形してしまいました。パッと見、3コのセルが何やらアヤシそうです。ストレートパックなので、一度バラしてしまうと電極間の再接続が非常に困難です。この際ストレートパックへの再構築はあきらめ、バラセル化する事にしました。(と言っても中身はパックバッテリー・・・

RCを始めてこの方、ず~っとパックバッテリーだったので、バラセル用の部品やら工具を全く持っていません。よって通販にて、いくつかポチりました。

・ヨコモ YT-BJ バッテリー組立ジグ
・DEANS DC016 PRO BAR3 (25本入)
・KEYENCE OP-73267 高密度14ゲージ バッテリーケーブル
・KEYENCE OP-75251 高密度14ゲージ シリコンケーブル 黒
・モロテック BT-B1 オリジナルバッテリーBOX 5枚入り

バッテリーをシャーシに収めた際、ケーブル長をピッタリに合わせたかったのと、(+)と(ー)ではアンプのコネクターまでの距離が違うので、黒ケーブルを余分に確保しました。
アンプと接続する2Pコネクターは使用中のを再利用します。他、ストレートパックはハダカで持ち運び等出来ましたが、バラセルの場合は電極同士のショートが怖かったのでバッテリーケースも用意する事にしました。5セットも有れば十分でしょう。

まずはパックバッテリーをバラバラにします。
各セルの電極間は薄い金属板をスポット溶接して接続されています。これを半ば強引に、ベリベリ引き剥がしていきます。溶接跡が残るのでヤスリで削り取り、ついでに電極表面を荒らしておきます。ハンダの食い付きを良くする為です。ここで、各セルの電圧をテスターで測ってみましたが、全て1.2V付近を指していました。無負荷なので断言出来ませんが完全に死亡したセルは無さそうです。

組み立てジグにセルを並べて、シャンテをハンダ付けします。
071_2
サブCセル位の大きさになると、ハンダの熱がかなり逃げ易くなりますので、60Wクラスのハンダコテは最低限必要です(低出力のコテだと長時間コテ先をセルに当てるハメになりバッテリーによろしくありません)。ちなみに今回はガス式ハンダコテを使いました。
072_2
シャンテでセルを接続しただけの状態では、強度面で不安が残りますのでシュリンクチューブでパッケージし、続いてケーブルをハンダ付けする端子部分をくり抜きます。
そもそもバラセルというのは、セル同士のマッチングによる出力安定化や、シャーシレイアウト上の重量配分等(3+3セパレート等)、主にレースを見据えたバッテリーの管理・使用方法の様です。ハイエンドシャーシを見ると、オン・オフ車共にバラセルを搭載する仕様になっていますよね。で、グラステープ等をセルに巻いてシャーシへ固定すると。

DF-03はそんな仕様では無く(コンバージョンキットは別)、ストレートパックと同様の搭載方法になります。走行中、シャンテがシャーシ内にガツガツ当たりまくるのもなんかイヤですし、振動でハンダが外れたりシャンテが歪むのも良くないですもんね。単セルレベルでの管理は考えていないので、ここは割り切ってシュリンクパックによる取り回しの良さを優先させました。

最後にケーブルの長さをシャーシに合わせて、2Pコネクターと共ににハンダ付けして完成です。
073_2
かなり(+)側のケーブルが短くなっています。反面、(ー)側のケーブルがプラプラしてシャーシ搭載時に不具合が出たので、シュリンクチューブに這わせるカタチでホットボンドで固定しました。受け側の搭載部には、適当なスポンジテープを貼り付けて、走行時のガタを解消してやります。これで一安心(?)

今回、作った後に気付いた事。
部品注文時、ケーブルの太さ(ゲージ)を当初12AWGで考えていたんですが、使用量と値段の関係から一段細い14AWGを選択。完成後、シャーシに搭載してみると・・・幅ギリギリ!危なく作業中ハマるところでしたよ。

| | コメント (0)

2008年12月 4日 (木)

('07)ラジメンテ モーターとか

現在使用中のモーターは、TeamORION METHOD R 17T というモディファイドの缶に、TeamLUNAの10Tローターを入れて、さらにエンドベルをTeamORIONのV2エンドベルに交換して、端子部分に六角タイプのミニヨーロピアンポストをハンダ付けした物。モーター缶くらいしか原形の面影が残っていませんね。
071_3
モディファイドモーターは好きなパーツを使って、色々と好みの味付けが出来るので気に入っています。まぁ、今まで買ったパーツ代とアンプ代を合わせると、ブラシレスシステムが買えてしまいそうな勢いですが・・・orz

まずはバラバラに分解して、いつものパーツクリーナーで洗浄です。軸受けのベアリングは取り外しが面倒なので、このまま進めちゃいます。洗浄後にオイルを注せばOKかと。注油に使うオイルはGIGALUBEというイカツイ名前の代物。
072_3
ラベルの説明文によると・・・
「金属の接触摩擦により発生する電気イオンにより浸透性特殊分子層を形成し、耐高圧で滑らかな潤滑性を半永久的に与えます。この形成皮膜によりオイル切れを防ぎ、長期間に渡りスムースな回転と磨耗を防止します。」(原文のまま)
オーディオ関連にありがちな、うさんくさい小物系に使われる説明文と妙に雰囲気が似ていますね~。科学的根拠の真偽のほどは判りませんが、まっ、効きそうだったので買ってみたわけです。去年あたり600円前後で。ユニバーサルジョイントのサビ取りにも使えて、わりと便利です。粘度はシャバシャバでは無くトロっとしてます(結構好きなニオイかも)。

次はローターのコミュテーターの掃除です。ブラシカーボンやら、焼付やらで黒ずんでいますね。ここの接触が悪いと、モーターだけで無くアンプへも負担が掛かりますので、念入りに掃除します。軽い研磨も兼ねて、サビ取り消しゴムを使ってゴシゴシ磨いていきましょうか。本来なら、コミュテーター研磨機でピカピカにすべきなんでしょうがチキチキメインの自分には分不相応。安価なローターを使い倒していくのが合っている様です。
073_2
最後にブラシの減り具合をチェックして、組み立てます。ローターに付いているクリアランスシムの枚数を間違えないように注意しましょう。
一応、本走行の前にブラシのアタリを出すために無負荷で空転させてみます。低速で十分ですね、ほんの少しで。モーターメンテは嫌いじゃ無いんですが、メンテフリーなブラシレスにも惹かれますね。安い製品、出ないかな~

| | コメント (0)

('07)ラジメンテ グリスアップとか

シャーシ・フレーム部分がカタチになったトコロでギア周り、駆動部分に手を入れていきます。

まずはギアの洗浄から。
前回の日記にも出てきたパーツクリーナーとブラシでジャカジャカ洗います。尚、ギアシャフト部分にベアリングが付いている場合は、前もって取り外しておいた方がイイです。ベアリング内には潤滑とシールドを目的として、グリスがもともと充填されています。(そうでない物も有るみたいですが・・・ドライベアリングとか?)なので、パーツクリーナーを吹きかけると中のグリスが溶け出してしまい、ベアリングの寿命を縮めてしまう様です。

もっとも、走行の度にベアリング洗浄→ベアリングオイル注入の手間を掛ける事をいとわないカツカツァーの方や、メンテに至上の喜びを感じる、深い方々なら話は別なんですが。20数個に及ぶベアリングに対して、毎回そんな事をやってられないフツーの私は、表面を軽く拭き取っておくだけにしておきます。一応、手動で回転の具合はチェックします。ゴリってたら交換、てな感じです。

前後のボールデフについては、スラスト及びデフボール部分へ塗布するグリスはケチらずたっぷり盛る事。コレに尽きます。
071_2
写真はオリジナル(・・って言う程の物でも無いのですが)の特製スラスト用グリスです。タミヤのアンチウェアグリスとモリブデングリスを混ぜ合わせて作りました。キット付属や、オプションのユニバーサルシャフトを買うと、アンチウェアが余ってくるんですよね。取説ではカップジョイント部分に塗る旨指示されていますが、どうもホコリや砂を呼びそうなので未使用なんです。(代わりに緩めのオイルを塗布)で、ドンドンたまっていくと。
072_2
今まではタミヤのモリブデングリスをスラストに使用していたんですが、固さが少々緩い気がしていました。で、今回余っているアンチウェアグリスを活用してみました。モリブデンとアンチウェアの中間の固さで、丁度良さそうです。ただ、普段の使用量の割りにハンパ無い量が出来上がってしまったので、使い切る前に変質してしまいそうです・・・。

デフボールに使用するグリスは、GW中にfoxyunさんから譲ってもらった、定番のアソシデフルーブ。これ、未だにショップで手に入りません('07 5月現在)。ナカムラの中の人の話だと、代理店のヨコモでさえ在庫を切らしているとの事。というわけで、foxyunさんに感謝しつつ盛っていきます。次に組み立て後のテンションの締め込み具合なんですが、両側のカップジョイントを固定して、ギアを思いっきり力を込めて回しても滑らない(ギアが回らない)トコロまで締め込みます。硬過ぎに感じるくらいが丁度良いみたいです。
073
最後に各ギア相互間のグリスですが、ピニオンとメインギア以外は全て樹脂ギアなので、無難にセラミックグリスを使用。が、このグリス、基油(グリスのベースオイル)との分離が著しい気がします。特に高速回転するピニオンやスパーではすぐにカラカラになってしまいます。いまいち決定打に欠く状態ですが、とりあえずこれで。ショップや通販サイトで見掛ける、千円超の高級グリス等も一度試してみようかなと思います。ってかポチりました。

| | コメント (0)

('07)ラジメンテ 掃除とか

今のマシン(DF-03)購入時、組上げてしまう前に各部の防錆・防塵対策を取っておこうと思っていたのですが、何せ早く走らせたい気持ちでいっぱいいっぱいでして・・・結局、2ヶ月近くほったらかしでした。今週はメンテついでに上記対策なぞ行って行きたいかなと。まずはメカ関係を除いてフルバラシです。
071
クリーナーとブラシやダスターの併用にて念入りに。クリーナーは近所のホーマック(地元ホームセンター)で買ったロング缶のやつ。特売で198円とお手頃です(普段は248円。それでも安い)。アルコール系クリーナーは色んな種類が有って迷いましたが、一番効き目が弱そうな物を買ってみました。今のトコロ、プラや樹脂の表面が白っぽくなる様な事はありません。(ちなみに、コレの他にORIONモータークリーナーなる物も所有していますが、こちらは多少、樹脂に影響する様です。拭いた表面が白っぽくなりました)
072
次に、みんな大好きWD-40を吹きかけて、各部品になじませながらふき取っていきます。サスピン等、軸受けの無い可動部分なんかには良さそうです。成分がオイルなので、表面が少々テロテロになってしまいますが、汚れが付きにくくなるのでこれで良しとします。これも同じく近所のホーマックで購入、380円でした。もっと大きい缶があればいいのにな~

ひと通り拭き終わったら、あとは組み立てるのみ。
サスアームの動きが非常にスムーズになりました。今後はホコリが付きにくくなるので(・・・と思うので)掃除も楽になりそうです。

今回はDF-03購入後、初のフルメンテという事で気合入れてやってみようと思います。ユニバーサルのジョイント部分やクロススパイダーが錆び始めていたので良い機会ですね。

| | コメント (0)

2008年12月 1日 (月)

('07)4月下旬某日

叔父が大学病院に入院中なので、午前にお見舞い。
手術の甲斐あって、見えなかった目が回復し体中のむくみも取れた様で何よりです。小一時間ほど話をしてお昼前の検診があるとの事なので病院を後に。またね。

この日は地下鉄で来ていたので、帰りは仙台をスルーして富沢まで行ってアーベントへ行ってみようかなと。・・・思っていたのに、何故か途中のパチ屋へ吸い込まれて・・・財布の中身もみるみる吸い込まれて・・・さすがGWクオリティー。ヒーコラ言いつつ何とか取り戻して換金所を出たら18時。なんてことだ~。

取りあえず富沢駅到着で18時半前。何となく自分予想では閉店時間20時と踏んでいて(ホントは19時)まぁー余裕♪とか思いつつ1時間経過・・・本気で道に迷いました(汗
たまらずfoxyunさんに電話。店の場所おせーてください。教えられた道を辿ると、何度も通った道で曲がる場所をスルーしまくっていたみたいです。これじゃぁ着かないよ~。店の前に19:50に到着。えぇ閉店してました。orz

またトボトボ歩いて駅前に着くとfoxyunさんから電話。大丈夫ですか~との事で、お気遣いどうも。帰りますよ~。え?コッチへ向かってくれてんの?いや~いいよイイYO!そんな悪いよ~いやぁ~悪いねぇ~。じゃぁ、こっちも歩いて近づきますよ。取りあえず地下鉄の線路沿いに歩いて行きますんで、迷わないでしょう大丈夫。歩いているうち気づいた事は、そういや地下鉄なんだから線路はいずれ地下へもぐるよなぁ・・・(当たり前だ

結局また同じ場所をグルグル回るハメに。あーまた駅付近に戻っちゃったー。と思ったら奇跡的に拾ってもらえました。結局2時間は歩いていたみたいで、腹も減り、宮城野原のラーメン屋へ。とんこつ系でウマイと評判の店らしいです。サーセン、俺ビール飲むっす。ホント、サーセン。中生・ギョーザ・つけ麺をチョイス。今日の自分はナシだよな。なんて事思いつつ、最強のラインナップで今日の自分に乾杯。

店を出て、じゃぁアリガトね~。お疲れでーす。え?家まで送ってくれるの?いややや、悪いよー悪いって!そぉ?悪いね~サーセンwww 結局、富沢から自宅まで送ってもらいました。
というワケで、本日のラジ関連の買い物は、結局徒労に終わりました。あ~ぁ。

| | コメント (0)

2008年11月29日 (土)

('07)3月下旬某日その2

気を取り直して、新車見積もり第2弾。
1/10の線で進めていこう。今まで二駆だったので次は四駆で。

京商のZX-5が3万弱ということで予算オーバーだけど、後から色々オプションを付ける必要は無さそう。元から良いパーツで構成されているので、割とオトクなパッケージングなのかも。ただ、ガラス足と評判のサスアームが心配。むむむ。

結局、難しい事考えなくとも良く走ると評判のDF-03に落ち着く。
現在、ボディとホイールカラーの違いで2車種がラインナップ。ホイールが黒という理由でダークインパクトはパス。もう一つのキーンホークに決定。ボディの形がイマイチだけど、これで。5~6月頃にアバンテMk2がこのシャーシで出るので、そのうちボディだけ乗せ変えよう。それから、あらかじめ取り付けておきたいオプションパーツがいくつかあるので、同時に注文しよう。

【ターンバックルシャフト】
サスアームのアッパー側、ステアリングロッドで使用。純正のヤツはアルミの青がチョットアレだったので、以前にホーネットで導入したランスフォードチタンターンバックルをチョイス。ダウンロードした取説を見て、シャフトのサイズをよーく確認。サーボからステアクランクまでの長~いシャフトはなかなか汎用品では見つからないので、タミヤ純正のを選ぶ。別に青くなくて良いんだけどな。ポチ。

【ユニバーサルジョイントシャフト】
本来DF-02用のオプションなんだけど、03でも使える様だ。高いので、今回は1セットでいいや。もう1セットは今のホーネットからもらっちゃおう。ポチ。

【スリッパークラッチ】
ギアのメンテサイクルを延ばしたいのと、余分なトルクを適度に逃がしてくれるという事で、加速時のホイールスピンを抑えられそうだ。ポチ。

【センターワンウェイ】
コーナー手前での減速時など、挙動をマイルドにする効果が。四駆特有の減速時の強いアンダーステアを解消出来るのでは。なんて事を期待しつつ・・・ポチ。(本当はフロントワンウェイと迷ったけど、現状の操縦技量では満足に使いこなすのは無理と判断。スピン必至だろうなぁ)

【リヤカップジョイント】
キット標準では、スチールと樹脂の2ピース構造。樹脂の部分にボールデフの金属プレートを瞬間接着剤で固定するんだけど、使っていくうちに、この樹脂パーツがナメてしまうとの事。フロントはスチール一体型なのに何でだろ。まったく謎だ。タミヤ純正では用意されていないので、サードパーティから出ているパーツを注文。って高いな~。今回は買うけど、次回はフロントのカップジョイントを加工して使おう。コストも1/4で済むもんね。ポチ。

他にもモータープレートやサスシャフトのガタを抑えるプレートなんかも欲しいところだが、どうも欠品中の様だ。こんなトコロで合計すると・・・2万弱か。イイ感じだな。ハイ、注文決定~ポチ。
当初の予算内に収まり、かなり満足。次回の走行には間に合わないが、到着を楽しみに待とう。

| | コメント (0)

('07)3月下旬某日

とある通販ショップで新車の見積もり。まぁアレコレポチってる時間が楽しいんだな。
タムギアのGB-01シャーシキットをベースに、色々と組み合わせてみようと思う。予算は25,000円くらいで。
・・・
【シャーシキット】
まずはコレが無いと始まらない。ポチ。

【ボディ】
やっぱりココはホーネットだろぉ~次回走行時に「あれぇ?何かいつもより小さくなってないっすかぁ?」なんて声を妄想しつつ・・・ポチ。

【純正のオプションパーツ(ほぼ)全部】
どうせ後で組み込む事になるんでしょ。組み立て時に前もって付けちゃお。安いし。ポチ。

【エアレーションオイルダンパー】
キットには標準でCVAオイルダンパーが付属しているんだけど、色が好かん!他に3Racing製のもあるせど、ダンパーシャフトの強度に問題ありと見た。昔のパーツなんだけど、ユージープロダクツ製ホーネット用フロントダンパー(2月の走行で折れ曲がった物)のシャフトと材質が似ている気がする。どうも軟鉄っぽいのでパス。高いけどタミヤのポチ。

【ステアリングサーボ】
小型のサーボが必要。ココは安全パイでタミヤ純正品を。ポチ。

【レシーバー】
今使っているFMシンセを使っても良いんだけど、AMプロポが余ってるんだよな(新品状態で放置)。AMに光を当てよう。ポチ。

【モーター】
もはやブラシレスしか見えない。アンプとセットでポチ。
・・・
さてさて~いくらかな~?予算丁度あたりなんじゃないの~?タムギアのパーツ安いもんねー。コレだけ揃えても余裕で収まるよ。

34,000円(くらい)

無理だよ。ってかコレ以外にバッテリー代要るじゃん!
4万超えるな。ちょっとしたハイエンド並み。プチハイエンド。公園でチキチキやるのに、そこまでコストはかけられないなぁ。ハイ、終了~
後日、タムギアでバギーチャンプが出る事を知り、止めといて良かった~と思った。ワーゲンオフローダーを、是非。

| | コメント (0)