« 2011年1月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年2月

2011年2月23日 (水)

('11)3mlボトルあれこれ(その3)

今回、3mlボトルは3本買いました。
2本は工作に使ってしまったので残り1本。
ここで、本来の用途である携帯方法について考えてみます。

普段の外出時には、吸い口とアダプターが付いたカトマに、予めリキをチャージして持ち歩いています。
↓↓ちなみにその様子↓↓
http://halen2nd.cocolog-nifty.com/blog/2011/01/11ego-878c.html
シリコンキャップでフタをしているものの、最後に開けた個体は若干風味が飛んでいる様な気がしておりました。些細な事かもしれませんが、暖かくなってくると、ちょっと心配かなー?と。
それに複数本のカトマ洗浄もメンドいですし。
そこで、洗浄済みの予備カトマ1本と、リキボトル1本でいこうと考えました。
113ml31
商品ページのサイズ表記から、ギリギリいけるか?と思っておりましたが非常に惜しい感じです。むむー。仕方ない、ケースに手を付けるかぁ(嬉しそうに

113ml32
インナーを強引に引き出します。

113ml33
インナーを引き出すと、こんなのがポロっと外れます。
インナーの底板とエンブレムですね。
これらは必要ですので、ボンドで接着します。

113ml34
510PCCなんかに付いているスポンジを利用します。
高さ10mmくらい、他は現物合わせでいきましょう。

113ml35
ヒンジの反対側、この辺に押し込みます。

113ml36
ボトルを入れるとこんな具合です。
ケースのフタが閉まり、且つ摘んで取り出せるギリギリの高さに底上げします。
尚、ケースとボトルの個体差によってキツキツな場合がありますので、そんな時は・・・

113ml37
ボトルを逆さまに入れちゃいましょう。
大丈夫、どうせポケットやカバンの中でひっくり返ってますから(笑

113ml38
普段の外出時において、補充リキは3mlも有れば十分でしょう。
予備カトマは、緊急時以外は出番は無さそうですね。

今年に入ってから運用を開始した、持ち出しeGoセット。
かなり整って参りましたぞ。

|

2011年2月22日 (火)

('11)3mlボトルあれこれ(その2)

ニードルが短過ぎてイマイチだった1本目。
改めて長さを測ってみると4mm・・・さすがにこれは(笑
気を取り直して2本目いってみましょう!

先ずはニードルとキャップの確認から。
113ml21
ニードルにキャップを被せたトコロ。

113ml22
嵌め合いに少し遊びが有ります。
仕上げの段で調整しないといけませんね。

113ml23
途中までの作業は1本目と一緒です。
今回は落ち着いて作業しよう・・・。

113ml24
手持ちのニードルはコレで最後、もう失敗出来ないぞ。
今回は十字形の「梁」はそのままに。

113ml25
加工した2つを組み合わせます。
ニードルキャップを被せてみて、僅かに遊びが残る程度まで押し込みます。

113ml26
半日くらいは乾かしたいトコロです。

113ml27
次はニードルキャップの作成。
シリコンゴムを小さくカットして・・・

113ml28
ニードルキャップの中へ押し込みます。

113ml29
ボンドが乾いたら、ニードルとキャップの嵌め具合を確認。
ニードル先端でシリコンゴムが少し押される(ヘコむ)くらいが良さ気。
このニードルキャップは元々先端部分が開いています。
よって、ニードルを逆から差し込めばゴムは外せます。
リキ漏れに影響する箇所ですので、納得いくまで調整しましょう。

113ml210
2本目はOリングを省略しました。
その代わり、かっちり閉め込みます。

113ml211
常用リキを半分程度入れて4時間経過。
リキ漏れの心配は無さそうです。

ニードルキャップの保持力(固定具合)が弱めなので、コレ単体での携帯には不向きかもしれません。何らかのケースに入れて持ち歩くか、或いは自宅専用とするのが良いでしょう。

さて、使用してみた感想ですが・・・
チャージは出来るが、ニードルとボトルが細いので

わりと力が要る・チャージ遅い・ちょっと疲れる

びみょー(笑

113ml212_2
実はこんなボトルも持ってたりします。
またまたRC関連でして、ルーブボトルですね。
1本余っていたのを高周波洗浄にかけたらアルマイトが剥がれてしまいました・・・ orz 容量は15mlとやや大きめなんですが、隣の良く見かけるボトルとネジ部分に互換性が有ります。コイツとボトルを差し替えれば幸せになれそうな予感。


では、何故にわざわざ作ってしまったのか―

―そこにボトルが有ったからです。

|

2011年2月21日 (月)

('11)3mlボトルあれこれ(その1)

eGo-Tパーツと共にポチった3mlボトル。
携帯用途が主な購入理由です。
っが、その前に。
113ml11
5人がかりの図。
アイツを射止めるのは、どのナイスガイなのか。

eGo-Tカートリッジのタンク内へリキチャする際に、手持ちのボトル類ではナカナカ上手くチャージ出来ません。カート穴に対してノズルがやや大きいみたいです。チャージの度、毎回シリマーを使用するのも面倒・・・というワケで、チャージ専用のボトルが必要な流れになってまいりました。

113ml12
電タバ愛用者でアレコレ目移りしてしまう方は、大概もってそうなパーツを利用します。いや、自分の事なんですが(笑

113ml13
その中から、必要なパーツをピックアップ。

113ml14
穴を削って広げたり・・・

113ml15_2
開けちゃったりします。

113ml16
バリなんかも取っておきましょう。

113ml17
ニードル台座部分の根元にある「みみ」をカットします。

113ml18
ニードルの長さを決めて・・・

113ml19_2
思い切ってカットします。面取りを忘れずに。

113ml110
ニードルを正面から見ると、十字形に「梁」が付いています。
カッター等でそれを削り取ります。

113ml111
シリコンゴムのキャップを被せてみました。

113ml112
ボトルキャップへ二ードルを圧入します。

113ml113
合わせ目の外側をボンドでシールします。
今回は有り合わせのボンドを使ってしまいましたが、ポリプロピレン(PP)の接着に対応した物を選ぶと良いと思います。

113ml114
ボンドが乾いたら組み立てます。
リキ漏れ防止に、Oリングでも付けておきましょう。
大きさは、eGoパススルーと比較してこの位です。


では、コレを使用して早速リキチャをば。

・・・ん?穴からコポコポ泡が。

・・・ダメだ溢れてくる。1/3も入ってないYO!

カート穴にリキの膜が出来ると、たちまち溢れ出てきます。
どうやら、ニードルを短くし過ぎてしまった模様です。
先に、ニードルキャップありきで作ってしまった事が原因かと。

勢いのみでやるとこれだよー、あぁまったくだ。

ボトル自体は、まだ買い置きが有ります。
2本目作るか・・・

|

2011年2月20日 (日)

('11)eGo-Tを試す

各所で評判のeGo-T。
気になったのでパーツをポチってみました。

【No Leaf Cigarette(ぬるしぐ。)】
11egot1
・JOYE eGo USBパススルー(マットブラック)
・JOYE eGo-T アトマイザー
・3ml 細口空ボトル


今回は自宅用途としての導入です。
現在のM401+DTは、味は良いもののリキチャが頻雑に思えてきました。味わいとのバランスを取りつつ、手間を軽減出来るかな?というのが狙いです。
3mlボトルは細身という事で何かと重宝しそうです。

【Blue Cig Japan Store】
11egot2
・eGo-T ブランク・カートリッジ(5pcs)
・901&KR808D-1用LRカトマイザー(BLUE BOX)


1店舗で購入を済ませたかったんですが、残念ながらカートリッジは売り切れ・・・いつものお店でポイント利用です。送料を振り込むのがアレだったので、予備カトマも一緒にポチ。
カトマ運用も大分慣れてきまして、週1回の洗浄(エタノール浸け置き程度)と数本のローテションで故障無く回せております。常用リキを1種類に絞っている事も大きいかと。


ブツも揃いましたので、味見してみましょう♪
前もって、eGo-Tについて得られた情報は以下のとおり。

・味が薄めになる
・粘度の高いリキはイガりやすい
・カートリッジのフタが硬い
・カートリッジは使いまわすとリキ漏れする
・笛になる


以上、先入観特盛りでいきます(笑

---
味とイガイガについて:
NostalgicとF3STEELを1:2という、濃い目のリキもあってか味は満足出来るレベル。901LRカトマへ、リキチャした直後の味に近い。タンク内のリキが無くなるまで、ほぼ一定の風味が得られ、安定した味を楽しめる。
わりとトロみの有るリキを使用してみたが、特にイガイガは感じられなかった。しかし、私個人の吸い方のクセにより、イガイガについて鈍感になっている部分は否定出来ない。
(アトマ使用時、かなり煙が減るまで吸い切ってしまう)

カートリッジについて:
リキチャ時はフタを取らず、予め供給穴を開けてソコからチャージ。
11egot3
供給穴はおよそ3mm弱、シリマーでのリキチャが現実的か。
タンク内へは1mlのチャージが可能。リキチャの手間は軽減出来ているが、リキの消費が幾分早い気もする。その事と関係してか、手持ちのアトマ/カトマと比較しても、かなりモーモーである。
現在、4度のリキチャ(カートリッジ脱着)を行なっているが、口金側へのリキ漏れは見られない。アトマ内部(コーンカバー内)にて液体が確認出来た。ミストの結露分も含んでいると思われる。

その他:
ドローは軽過ぎず良い感じである。
吸い口は丸型が有ると個人的には嬉しい。
使用中のカートリッジに笛機能は搭載されていなかった。
---

試してから3日目の印象はこんなトコロです。
思いの外、かなり有用な組み合わせと感じました。
11egot4
M401+DTの味も捨て難いですが、eGo-Tの持つ利便性も魅力的。
しばらく併用してみて、出番の多い方を常用機種としましょうか。
外出用は901LRで、まだまだ固定かなー。

基本構造の考え方はそのままに、味わいは現行のまま且つ細身のタイプが有ると、これはもう鉄板ですね。1機種で済みそう・・・。
なぜかって、折角作ったeGoキャップ使いたいですもん(笑

|

2011年2月12日 (土)

('11)久々のノートPCメンテ

ある日のこと。
PCでニコ動を見始めると、右手首に異常な振動が伝わってきました。
排気口に耳を近づけたトコロ、冷却FANがうなりを上げています。
しかも、何かを擦っている様な音も聞こえてきました。

「あぁ、アレか。そろそろメンテの時期かな・・・?」

2年前に分解メンテを行い、その後HDD→SSD換装&ファームアップ等で何度かPC内部の掃除(エアダスターでのホコリ除去程度)はしていたんですが、FANが限界なのかもしれません。
↓↓ちなみに前回の分解メンテの様子↓↓
http://halen2nd.cocolog-nifty.com/blog/2009/01/09pc-276b.html

メンテ自体はどうって事無い作業なんですが、分解と組立を繰り返す内に、いくつかの部品が弱ってきております。交換しておきたい部品は・・・
・冷却FAN(一日の稼働時間が長いので)
・電源コネクター(ぐらつきが大きいかも)
・ワイヤレスSW周り(たまに接触不良が)
・フラットケーブル(既に何度かの補修有り)


こんなトコロでしょうか。
ワイヤレスSWは右手首下近辺に配置されており、何らかのストレスが掛かっている模様。たま~に無線LANとBluetoothのランプが高速に点滅します(笑
フラットケーブルはメイン基板への接続側、折れ曲がり部分で断線しやすいです。応急処置として、断線部分でカット→皮膜を削り新たに端子を露出→リテーナー(水色のプラ板片)と共に差込・・・コレを何度か行なっていまして、結果、ケーブル長がギリギリまで短くなっております。

冷却FANとフラットケーブルについては、新品を取り扱っている業者をヤフオクで見つけました。ですが・・・純正の補修部品取り寄せと言えど、ケーブルが4千円弱とか値段が高過ぎないか?
新品は早々に諦め、中古品を探す旅に・・・。

【Yahoo!オークション】
11pc1
VAIO VGN-S70B ジャンク品
・メモリ無し(記載漏れ)
・HDD無し
・キーボードFn周辺破損
・電源入らず


使用者が雑に扱っていたのか、ソコソコ汚いなー。
軽く拭き掃除をしておきますか。

11pc2
掃除の後は、ひとまずバラして・・・

11pc3
必要な部品を取り出します。

11pc4
冷却FANは分解掃除し回転軸には少量のグリスを塗布。
コアに接触する部分は#1000のペーパーでヤスっておきましょうか。

取り外した部品を使用中のPCへ組み込みます。
(作業風景は上の写真と変わらないので諸々割愛)
無事、元の静かさに戻りました。

今回入手した機体は送料込みで3,700円でした。
光学ドライブ、液晶、バッテリー等も「見かけ上は」大丈夫っぽいので、ジャンク品としてはまずまずといったトコロでしょう。
今後もパーツ取り機体として活用しようと思います。

|

2011年2月 6日 (日)

('11)eGoバッテリー追加

eGoバッテリー&901LRカトマの楽勝感がお気に入り。
予備のバッテリーとカトマ携帯で快適に運用出来ております。

っで、先日会社でプカプカやっていると電池切れのサイン。
予備のバッテリーと交換した時、重大な事に気づきました。
11ego2
フタが閉まらない・・・!

そうでした。
予備の650mAhバッテリ(ノーマル)ーを携帯する事のみ考え、メインで使用している900mAh(XLバッテリー)の携帯については頭からスッポリ抜けていました。
一ヶ月近く運用しているのにマヌケ過ぎるって。

【ennma-煙魔-】 http://ennma.ocnk.net/
11ego1
・eGo(トルネード)用 バッテリー650mAh 国内在庫 (カラー: ブルー)


この前、リキッドのプレゼントが有ったお店です。
利用歴も無いのにプレゼントを貰ったままでは何となく申し訳ないのでポチってみました。
実のトコロ、スチールカラーが欲しかったんですが、あいにく在庫切れ。塗装剥離前提で購入です。

ツルテカな塗装面をイメージしていたんですが、なんとラバー調な仕上げ。色味も良くナカナカにカッコ良いです。しかし、ボタンプロテクターの脱着に多少の引っ掛かり感が有ります。
いずれ、引っかき傷で表面はボロボロになるんだろうな・・・と思い、やっぱり塗装剥離しちゃいます。

手持ちの有機溶剤では表面のラバー層を剥離出来ず、わりと手こずりそうな予感。仕方なく、カッターの刃先でカリカリ削ぎ落としました。たまたまシンナーを切らしていたのがマズかったかー。

11ego3
剥離後のバッテリー:下側

のんびり30分もカリカリやっていると、大部分は除去出来ました。
外出時のメインは、この2本になりそうですね。

|

« 2011年1月 | トップページ | 2011年9月 »