« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010年10月30日 (土)

('10)続・マイクロテストチューブの事

以前、マイクロテストチューブ(μチューブ)について
http://halen2nd.cocolog-nifty.com/blog/2010/10/10-f9a2.html
こんな事を書きました。

それから20日間ほど使用してきましたが、ちょいと気になるトコロがありまして・・・
101_2
ドリップ時、アトマの筒部分にリキが付いてしまうんですね。
この付着したリキをふき取らないと、バッテリーとの接続部分にリキが染み出てきます。っで、毎回ふき取ってから吸い口を被せています。

ちょっと、メンドくさい。

さらに、セコい話になりますが、ふき取ったリキが無駄になります。
何か良い解決方法は無いかと調べてみると・・・ありました(笑
mixi内の某コミュにて得られた方法です。
そういえばmixiにアクセスしたの1年半ぶりだわ(汗

102_2
μチューブを2ヶ用意します。

103
内、片方のフタを切り取ります。
このフタ部分を加工して使用します。

104
フタの中心に穴を開けます。

105
アトマヘッドが通る程度に大きさを調整します。
ココの加工が今回のキモとなる部分です。
あまり大きくなり過ぎ無い様に注意しましょう。

106
筒状になる様に余分な箇所をカットします。
バリや削りカスをきれいに落としましょう。

107
加工したものを、もう一方のμチューブへ押し込みます。
写真は上下逆さまに入れてしまった失敗例です(笑

108
穴からアトマヘッドだけ出ていますよね。
それを・・・

109
クルッと!
見事、アトマヘッドにのみドリップ成功です。

従来の方法は、リキに対してアトマをアプローチしていく方法です。
今回の方法は逆転の発想というか、リキの方からやって来た~的な。
ホント、皆さん頭が柔らかいですね。
まいりました<(_ _)>

|

('10)お出かけセット最終形態

前回のPCCやっつけ工事は、思いの外イイ仕事だった模様。
最終仕上げという事で、いつものお店でパーツ等をポチってみました。

【Blue Cig Japan Store】
101
・TINY FATバッテリー(メカニカルオート; 510用)
・Drip Tips Tiny Titanium
・Tiny用スペア・アトマイザー
・Tiny用ブランク・カトマイザー(Tiny Titanium & 510用)
・510 to 401 アダプター
・BCM401用スペア・アトマイザー(Silver)
・Micro Test Tube(3pcs)
・F3 Liquid 10ml STEEL TOBACCO No.01
・eGoアトマイザー(シルバー)


この他に、別注でニコリキを3種ポチりました。
eGoアトマは、代引き指定のオマケで入手。815円で買ったと思えば悪くない選択かなーと思いました。
使うかどうかは別にして(ぉ
401アトマ&アダプターは家でのマッタリ吸い用です。eGoバッテリーとの組み合わせが最近のお気に入りとなっております。

102
PCCにセットするとこんな感じに。
予備のバッテリー/アトマが追加になりました。
一応、カトマ用に収納スペースを1ヶ所空けてあります。
(別フレーバーを持ち歩きたい等、必要に応じて使用予定)

私の喫煙ペースですと、起床~帰宅までの間(寄り道無し)にバッテリーは2本分の消費ですので、必要十分な構成ですね。
紆余曲折ありまくりましたが、結果的には当初の思惑通りに(笑
いや~めでたし、めでたし。

|

2010年10月24日 (日)

('10)その後のお出かけセット

お出かけセットと常用リキッドにより、電タバへ移行してから2週間ほど経ちました。
以来、本タバは買っておりませんし吸ってもおりません。このまま完全移行して行きたいものです。
で、そのお出かけセット、少々使いづらい部分も出てきましたので手を加えてみました。

101
これが以前の状態です。
実際には、μチューブは1コに減らしてバッテリーは1本です。
PCCへの収まりの悪さから、追加購入のバッテリーをTinyTitaniumにするか、TinyFATにするかしばらく悩んでおりました。あと、いっそPCC代えるか、とか(笑

102
次にやってみたのがコレです。
リキッド補充の際、どうしてもアトマの金属筒部分にもリキが付着してしまいます。そのまま吸い口を被せると余分なリキが口金部分に漏れ出てきます。リキが手に付いてしまうのと、後々のトラブルの原因にもなると思いましたので、ふき取りスペースを設けました。

以前に作成した即席アトマカバーをひっくり返して、キッチンペーパーをカットしたものを詰めてあります。また、外周にはテープを巻いて、簡単には抜けない様にしました。
アトマカバーはシリコンキャップでとりあえず代用・・・。

この状態で1週間運用しましたが、やはり吸い口の交換がいちいち面倒くさいです。

103
で、週末に思いついたのがコレです。
吸い口が付いた状態でPCCに収まっております。
どうやったのか、というと・・・。
104
でた(笑
やっつけ工事~

PCCの底面、バッテリーが飛び出る部分をくり抜いて、厚手かつ固めなスポンジを加工の上ボンドで接着。スポンジはこれまたRC関連でして、サーボだかレシーバーが入っていたケースの緩衝材です。捨てずに取っておいて良かった。当時の自分に乾杯(ぉ

105
7mm程度の延長になりました。
スポンジ底面を強く押すとフタが開いてしまうので要注意です(笑

106
USB端子部分はこの様に。
107
もちろん、充電も問題なく行なえます。

スポンジは柔らかいので加工が容易ですが、形の微調整が難しいですね。真っ直ぐ切れないわボンドはみ出るわで、今回は(も?)決して上手くいったとは言えません・・・。
まっ、使えればOK!

このスポンジを見つける前は、アルミ削りだしのゲタ+カーボン板のビス止めとか、壮大で面倒クサ過ぎる計画を練っていたのですが、いや~見つかって良かった良かった。ビス穴位置が決まらず、行き詰まっていたので(笑

というワケで、次回購入の予備バッテリーはTinyFATに決定。
他、ハードウェア部分としては予備のTinyアトマ、気分転換用にTinyカトマあたりですか。
これでほぼ、お出かけセットの仕様は固まりそうですね。

|

2010年10月13日 (水)

('10)購入リキッド振り返り

電タバを始めて4ヶ月程経ちました。
あちこち寄り道をしてしまいましたが、常用リキッドも見つかり&持ち出し用のセットも固まりました。ここいらで一旦落ち着き、開始以来購入してきたリキッドについて振り返りたいと思います。

101

※注意点※
常用タバコはマイルドセブンライトですが、特に好き嫌いはありません。
風味や得られた満足感については私個人の印象であり、世間一般の評価とはかけ離れている場合があります


◎=特徴、性格など
●=悪い点



【Blue Cig Japan Store】

<ノンニコ>
F3 Liquid 10ml Menthol Cigarette No.12
F3 Liquid 10ml Strawberry No.05
F3 Liquid 30ml SPARKLING WATER No.01
F3 Liquid 30ml DRY MENTHOL No.03
F3 Liquid 10ml STEEL TOBACCO No.01

◎個人的にはどれもハズレ無しだが、3ピースでの使用前提で開発されたリキッドな為、ノーマルカトマイザー運用だと本来の風味が発揮されず、もったいない印象。2ピース派な人はLRカトマイザー&大容量バッテリーでの運用がオススメです。

◎この中でMenthol Cigarette No.12、Strawberry No.05は、単体でも満足出来る風味を持っているので比較的扱いやすいと思います(最初のお試しに向いているかと)。

◎30ml入りの2つは補助用途に向いていると思います。

STEEL TOBACCO No.01はタバコ味を求める人にうってつけの一品。お茶屋さんの前を通った時にする、香ばしい風味が有ります。後述のニコリキと混ぜる事でかなりの満足感が得られます。

<ニコリキ>
Regular Liquid 10ml Cola味 : 11mg
Regular Liquid 30ml Non Flavor : 24mg
Regular Liquid 10ml The Blend : 11mg
Turbo Liquid 10ml Nostalgic Tobacco : 24mg

●Cola、NonFlavorは共通の臭みが有り、とても常用出来るレベルには無いです。この臭みは生ぐさく、続けて吸っていると気持ち悪くなります。「ハム臭」とも言われている様です。

◎TheBlend、NostalgicTobaccoは何れもタバコ味を目指した「紙味」です。TheBlendが3ピース向け、NostalgicTobaccoが2ピース向けとされています。単体使用では上記「ハム臭」がやや感じられますので、STEEL TOBACCO No.01とのブレンド使用が良いと思います。STEELが持つ香ばしさが、臭みを抑えてくれます。

<常用リキッド>
F3 STEEL TOBACCO No.01 + Turbo Liquid 10ml Nostalgic Tobacco
比率1:1によるブレンド



【煙屋本店】

<ノンニコ>
電子タバコ補充リキッド( Wメンソール )

◎かなり強力なメンソール。冷蔵庫で保管すると、メンソール成分が再結晶します。味というよりはスースー感のみ、という印象です。

<ニコリキ>
<常用リキッド>
該当無し



【nexmoke】

<ノンニコ>

ノンニコチンリキッド 30ml ( ジューシーピーチ )
ノンニコチンリキッド 30ml ( コーラ )
HG ノンニコチンリキッド 10ml ( レッドブル )
HG ノンニコチンリキッド 10ml ( ラム )

●30mlの2つは例の「ハム臭」が如何ともし難く、とても無理でした。

HGの2つは臭みも無く、味がハッキリして濃い目です。基本的に甘いので、飽きるのが早いと思います。気分を変えたい等、「たまに吸ってみる」的な使用に向いています。

<ニコリキ>
<常用リキッド>

該当無し



【No Leaf Cigarette(ぬるしぐ。)】

<ノンニコ>

電子タバコ補充用リキッド天然ハーブから抽出 バニラビーンズ 10ml
電子タバコ補充用リキッド天然ハーブから抽出 レモングラス 10ml
電子タバコ補充用リキッド ハイパーメンソール 10ml
電子タバコ補充用リキッド イチゴ 10ml
電子タバコ補充用リキッド KOOL 10ml
電子タバコ補充用リキッド プリンスメロン 10ml

◎上3つはボトル形状とラベルの状態から、ショップオリジナルと判断します(あくまで個人的見解です)。それぞれ名前の通りの風味はしますが幾分抑え気味な為、人によっては物足り無さを感じるかもしれません。チェーンスモーカーな人は飽きずに吸えるのかな?

●イチゴ、KOOLは良く分からない味です(笑)。特にイチゴは、食品の範疇で思い浮かぶモノがありませんでした。

◎KOOLはジンに似た風味があるので、使い様によっては面白いリキかと。

◎プリンスメロンは本当に「分かりやすいメロン味」です。ハッキリした風味ですが、思いの外いつまでも残りません。キレが良くスッキリしています。吸っている途中、急に風味が薄まります。そこからイガイガまで結構スパスパ出来るので、風味が飛びやすいのではないか、と感じました。

<ニコリキ>
<常用リキッド>

該当無し



【ココまでのまとめ】

<常用>

102_2
F3 STEEL+Nostalgic の1:1ブレンド(BlueCig)

<気分転換>
103

F3 Strawberry(BlueCig)
HG RedBull(nexmoke)

<今後に期待>
104
プリンスメロンから始まった新シリーズ(ぬるしぐ。)


BlueCig中心な、まとめとなりました。ココのF3シリーズは不快な臭みも無いので、安心感があります。価格が高めな分クオリティも高いです。(レジ裏の権利が有れば、10ml3本まとめ買いで割安になりますが・・・)

nexmoke取り扱いのHeavenGifts(天国)リキですが、HGシリーズは良いとして、PGリキッドは例の「ハム臭」がもれなく付いてくる気がしてなりません。リピートは無いかなー。

ぬるしぐ。の新シリーズ、様子見段階なのか発注を抑えている?ショップページにおいて、プリンスメロンは既に見る事が出来ません。続く「炭焼缶珈琲」「ラフランス」もソッコーで売り切れ・・・。「第四弾をお楽しみに」との事ですが、定番商品になるのかどうかが気になります。

今後、毎月2~3種類は新たなリキッドを試していきたいと思っています。
差し当たり、TinyDevilの復活が待たれるトコロですね。

| | コメント (0)

2010年10月11日 (月)

('10)マイクロテストチューブの事

現在、リキッド携行用としてマイクロテストチューブ(μチューブ)を使用しています。
(実のトコロ、Tinyカトマイザーサイズな極小のボトルが有ればPCC内に収納出来、何より吸い口側からドリップ出来るので楽そう・・・なんですが、そんな都合の良い物は簡単には見つかりません)

101_2
で、そのμチューブ、510なバッテリーが通りません。
リキッドが減ってくると、こんな状態になってしまいます。

102_2
そこで、パーツ箱を漁ってみました。
全てRCの部品です。
・Φ5mmボールスタッド
・何かのスペーサー
・タムギアオイルダンパー用ダイヤフラム


103_2
こんな風に詰め込みます。ようは上げ底をするワケです。
ダイヤフラムはこれまたナイスで絶妙なサイズで、μチューブ内壁に密着しております。
空気を上手く抜きながら、ゆっくり押し込まないと、ペロンと裏返ってしまうほど。
シール性に期待が持てそうなので、2枚重ねでいってみましょう。

104_2
差し込んだ際、アトマの先端がギリギリ当たらないトコロで固定出来ました。

105_2
μチューブ先端に溜まっていたリキッドを移し替えて様子見。
5時間経過しましたが、底へ漏れておりませ~ん。ナイス過ぎる。
休日の午前中にアタマをひねってみた甲斐がありましたね。

ホットボンドを充填する前にひらめいて良かった(笑

| | コメント (0)

('10)お出かけセット再考:後編

全くもって「やられた」感有りまくりなM402/3 PCC
他メーカーのPCCについても調べておけば良かった・・・。
S'MOORE M702 PCC89mmとの表記なので、たぶんコレが正解)

部品は最低限揃えてしまったので、これらで何とかしちゃいます。
無駄にするにはあまりにも早すぎる(笑


【PCC内部穴加工の続き】
101
スタンバイ用の穴を広げ、さらに5mm程の穴を追加します。
とりあえず、2箇所空けてみました。

102
続いて、スポンジをこの様に切ります。
このスポンジ穴はM401系バッテリーに合わせてありまして、510バッテリーを通すには小さいんですね。で、思い切ってカットする事にしました。

103
スポンジをPCC内部に戻すとこんな感じに。
追加の5mm穴、スポンジ穴に対し中心がズレてしまいましたね(^^;


【アトマカバー作成】
104
さて、DripTip(DT)やカートリッジを付けた状態では、PCCのフタが閉まらない事が先ほど判明したワケですが、かと言ってアトマむき出しのままフタを閉めるのは、何かと不都合です。

105
そこで、Tinyカートリッジから中身を取り出し、この位の長さにカットします。
上のDTが元の長さになります。

106
即席アトマカバーの完成です。テキトー(笑


【運用スタイルの予想】
107
かなり詰め込み過ぎた感アリ・・・。

左から順に、
・予備アトマ+ブランクカート(予備吸い口)
・マイクロテストチューブその1
・マイクロテストチューブその2
・DT(常用吸い口)
・スタンバイユニット+アトマカバー
・充電中バッテリー


一応、こんだけ入ってフタが閉まります。
先の5mm穴は、マイクロテストチューブ(μチューブ)の底面を逃がす為に必要でした。
若干ですが、ケース内での高さが足りなかったんですね。

で、予想される使用手順としては、

1.PCCのフタを開ける
2.スタンバイユニットを取り出し、アトマカバーを外す
3.μチューブを取り出し、キャップを開ける
4.ダイレクトドリップにてチャージ
5.μチューブのフタを閉めてケースに戻す
6.DTをアトマに取り付ける
7.アトマカバーをケースに戻す
8.PCCのフタを閉める
9.やっと吸える


め、メンドクサ・・・
っで、吸い終えたら、

1'.PCCのフタを開ける
2'.DTとアトマカバーを交換
3'.それぞれを元の場所へ戻す
4'.場合によってはバッテリーを交換する
5'.PCCのフタを閉める


問題は、モノを置く台等が無い場合、空中で出来るのかという事。

無理だよなぁ~(笑

本タバ以上に喫煙シーンが限定されそうな予感・・・。

| | コメント (0)

2010年10月10日 (日)

('10)お出かけセット再考:前編

長い長いリキッド探しの旅も終わりを迎え、常用リキッドが決まりました。
次なる検討事項として、外出用の機種選定が再浮上してきました。
小型機種&PCCによる、「お出かけセット」ですね。


【今回用意したモノ】
・SMART PCC for M402
・510 to 401 変換アダプター
・510 用 401アトマイザー
・TINY FATバッテリー(メカニカルオート; 510用)
・Drip Tips Tiny Titnium
・Tiny Atomizer

101_3
機械式オートバッテリーでソコソコの容量&ダイレクトドリップが可能なスタイル・・・。
という事で、こんな感じを目指してみます。


【アトマイザー比較】
102_2
(上:M401アトマ  下:Tinyアトマ)

アトマ本体については、金属筒部分の長さが違う程度で、それほど大きな違いは無いだろう、と安易に考えておりました。っが、筒の外径についてはTinyの方が少し太めでした。よって、

TinyDripTipをM401アトマに被せるとスカスカです。 orz

ドローの重さ(吸引時の抵抗感)がTinyアトマだと軽過ぎたので、M401アトマを選んでみたんですが・・・出端をくじかれました。アルミテープでも巻いてみるかな・・・?
対策はゆくゆく考えるとして、当面は素直にM401カートリッジを使いますか。


【PCCの仕様変更】
103_2
スポンジを外すとネジが見えます。
104_2
こんな感じでバラバラにします。

バッテリーが接続されるコネクター部分は、実際にはホットボンドでケース内部に固定されています。これが中々厄介でして、小さいマイナスドライバー等で少しずつ剥がしていかなければなりません。相手がプラスチックなので、勢い余って「メキッ」とかならない様、注意が必要です。

105_2
M402/3用PCCなので、口金部分にギャップが生じます。よって変換アダプターで対応。
試しにeGoバッテリーを充電してみました。大丈夫みたいですね。
充電基板の裏にはバッテリーが両面テープで固定されています(1200mAhでした)。

もし、この段階で導通が無い場合は、変換アダプターのプラス極を調整してみましょう。
マイナスドライバーで電極の高さを調整出来ます。
この変換アダプターは後々緩んだりするとマズいので、接続境目にハンダを盛って固定します。

106_2
左側が充電スペースの穴です。今回用意したバッテリーは問題無く通りました。
これに対し右側の穴は若干小さく、バッテリーが通りません。ここはアトマ付きのバッテリーがスタンバイする穴ですので、ヤスリ等で少し広げてやる必要が有ります。ただし、あまり広げ過ぎると収まりが悪くなりますので、マメにチェックしながら行なうのがベターです。

穴も広がったので、当初予定していた組み合わせ(最初の写真)を差し込んでみると・・・
107_2

少し飛び出てるYO!


【事前に調べていた各部品の縦寸法】
・PCC本体           99mm(内寸で97mmと予想)
・TINY FATバッテリー      64mm
・Drip Tips TinyTitnium    29mm(アトマ口金込みで30mm位?)


収まるハズなんだが・・・。

108

実寸にておよそ90mm!

工エエェェ(´д`)ェェエエ工工

メーカーサイトに載ってる数字と違うじゃーん!

RoyalSmokersというメーカーによるPCC。
とは言うものの、S'MOOREあたりからのOEM供給品かと思われます。
サイトが見づらくて、イヤーな予感はしていたんですが・・・。

ハァ。どうしよ。

(つづく)

| | コメント (0)

('10)ブレンドリキを試す

注文していたニコチン入りリキッド(ニコリキ)が届きました。
先に届いていたF3 Liquid 10ml STEEL TOBACCO No.01(スティール、鉄タバ)とのブレンド用です。果たして、どんな味になるんでしょうか・・・?


10/1 注文&入金
10/3 トラッキングコード通知
10/8 受領
101_2
今回はEMSを利用しました。注文から到着まで1週間てトコロです。以前のAirMAIL利用時は3週間掛かりましたので、3倍早いですね。その分、送料も高めです(665円→1500円)。

102
思いっきり破れてます。中身は無事なんでしょうか(汗
103
ちゃんと入ってました。破れたトコから取り出せるとかキケン過ぎ(笑
104
・Regular Liquid 10ml The Blend:11mg
・Turbo Liquid 10ml Nostalgic Tobacco:24mg


両方とも、タバコ味(・・・とされる)リキッドです。この内、Nostalgicをブレンド用途として使用しますので、ニコチンレベルが高くなっております。まずは単体で味見~。


~Regular Liquid 10ml The Blend:11mg~

「タバコ味系ブレンドの最高峰」との事で、M401系の機種にマッチさせてある模様。前もって、510口金な401アトマを入手済みですので、これで試してみましょう。

紙を焦がした様な匂い。ピリピリした喉越しが有り、甘くは無くて軽めの風味。
かすかに例のイヤな臭みが感じられるが、風味の特徴からか、うまく隠れている感じ。


フィルター部分に、環状の空気穴が2列も3列も並んでいて、さらにBOX入り。
すごーく軽くて、やたらと紙臭い感じの本タバ・・・な風味です(笑
(むか~し、1本もらって吸った時の印象なので具体的銘柄は出てこないんですが・・・ナントカ1mgとか?まぁ、そんな感じです。)
味の再現としては、結構ガンバっていますね。


~Turbo Liquid 10ml Nostalgic Tobacco:24mg~

カトマイザー使用の2ピース機種用にブレンドされたリキッド。
「昔懐かしい刻みたばこのようなややクセのあるフレーバーをブレンド」との事で、これも上記のリキと方向性は一緒かな~なんて事を思いつつ。って、刻みたばこは吸った事無いな。

TheBlendをよりハッキリさせた風味。カトマ用のTheBlendという印象。

3ピースで試しているので、風味は濃い目に出ている模様です。「3ピースで使用するには刺激が強すぎます。」という説明通り、続けて吸うには濃過ぎるかもしれません。基本、紙味(笑)


~F3 STEEL+Turbo Nostalgic のブレンド 割合(1:1)~

105
いよいよ今回のメインテーマです。
まずは小さなボトルに少しだけ入れて味見。

F3 STEEL単体だと、鼻の奥にまで「香ばしい茶葉」の風味がしばらくの間残ったが、それが緩和された感じ。加えてNostalgicの持つ「強い紙臭さ」も和らいだ様子。マイルドな喉への刺激も感じられ、タバコを吸っている様な満足感を得られる様になった。

106
もう、ためらう必要は無い。
107
2液全混合。隣のTheBlendに対し、どうですかこのアンキャッチーな濁りっぷり!
カラダに悪そーだなー(笑

これでやっと常用出来るリキッドが出来ました。
このブレンド、実はショップ内のTinyTitanium PCC set 1st Anniversary Modelのページに記載されていたんですね。後から気付いて、賭けに出てみた次第です。
初めに買っておくんだったー。かなり遠回りしてしまった・・・。

因みに該当ページ →http://jpstore.bluecig.cn/shopdetail/006000000012/order/

もう、ココまできたら、TinyDevilも試してみるしかありませんね!
販売再開のメドも立った様ですし、次回注文のニコリキはコレかな?

| | コメント (0)

2010年10月 3日 (日)

('10)リキッドの味見

届いたリキッドを味見してみましょう。
はたして、良い出会いはあるのでしょうか。
10


~電子タバコ補充用リキッド プリンスメロン 10ml~

ただの「メロン」で済ませないあたり、こだわりが感じられます。元が何という名前のリキッドだったかチョット気になるトコロですが、そんな事はさておいて早速味見をば。

濃い目のメロン風味。変なクセも無くうまい!
味の変化(風味の低下)がハッキリしており、チャージポイントが掴みやすい。


名前の由来はココから来るんでしょうか。かなりハッキリとした香りのメロン風味です。
風味の低下が感じられた後は、何回かはスパれますがイガイガが急激に来ます。粘度のゆるい、サラサラしたリキッドなので「味が薄くなったなー」と感じたら、すかさずチャージしましょう。
これはナカナカに良い感じ。


~F3 Liquid 10ml STEEL TOBACCO No.01~

到着待ちのニコリキと混ぜる予定でいます。単体での風味も、一応味わってみましょう。
実はこのリキッド、各所の評判では「クサイ!でも吸っているうちにクセになってくる」との事で、初心者向けでは無いのかなーと思い避けてきました。さて・・・。

お茶の葉を焙じた時の様な香ばしさ、その裏で紙が焦げた匂いも感じられる。
甘さはほとんど感じられず、それが味のキレに一役買っている模様。


本タバの喫煙本数も相変わらずな状況で、いよいよ本タバも値上がりました。本気で常用リキを探さなければならない中、やっと見つかった・・・って感じです。タバコそのものの味か?と言われると違和感は否めません。しかしながら、極々軽いスカスカなタバコを吹かした時の香ばしさが感じられ、風味としての満足度はかなり高いです。これに喉越し感が有ればカンペキ。


~F3 Liquid 30ml DRY MENTHOL No.03~

とっくの前に購入済みでもおかしくないリキッドですが、なぜか注文時に売り切れている事が多く、また他店への寄り道もあったりでココまで延びてしまいました。

予想通りの辛目なメンソール。僅かながら柑橘系のクセ(皮の匂い)も混じっている?
嫌味なクセではなく、むしろ爽やかさを感じる。


これは良い仕事をしてくれそうな予感。ハズした感アリアリなフルーツ系リキッドが復活出来そうです。うまいのに臭いジューシーピーチとか、カー用品コーナーなストロベリー、フルーツじゃ無いけど薄すぎたレモングラス、やる気が感じられないKOOL(でもジン風味としてはアリ)・・・。
君たち、やっと出番が回ってきそうだよ!よかったねいやオレがよかったんだった。


今回の3本はハズレが無く非常に満足であり、常用リキの候補も見つかりました。
やはりBlueCigF3シリーズの完成度は抜きん出ていますね。今のトコロ、ハズレが無いです。
前店長(おっさん氏)がテイスティングを繰り返していただけの事はあります。シリーズ中、ラフランスとコーヒーが未使用ですが、いずれ試したいですね。

後日届くニコリキは中国からの輸入・・・という事で、例の「臭み」が有るかどうか気になります。
まぁ、ブレンドによって上手く消えてくれる事を期待しておりますが、どうなりますやら。
到着を楽しみに待つとしましょう。

| | コメント (0)

('10)電タバ:毎度月イチの買い物

6月以降、月初の恒例となってしまっている電タバ関連ポチ。
リピート購入が「ほぼ皆無」という事で、相変わらず迷走中(笑
本タバ代節約どころか、散財しまくりです。ってか、10月になっちゃったYO!


【No Leaf Cigarette(ぬるしぐ。)】
101
・SMART PCC for M402
・510 用 401アトマイザー
・510 to 401 変換アダプター
・電子タバコ補充用リキッド プリンスメロン 10ml


帰ってきたTiny(前回の記事)に刺激を受けてか、コンパクトサイズの電タバを今一度試したくなりました。かと言って、予め用意されたPCC一式セットじゃツマンナイので、部品単位で揃えてみる事にしました。(←よせばいいのに・・・)
他、このお店初という英国産リキッド(!)。第一弾はプリンスメロンです。店長さん自らテイスティングを行ない、風味の確認と名前付けをしたそうです。気合入ってますねぇ~。


続いてもう一店。
【Blue Cig Japan Store】
102
・F3 Liquid 30ml DRY MENTHOL No.03
・F3 Liquid 10ml STEEL TOBACCO No.01
・TINY FATバッテリー(メカニカルオート; 510用)
・Drip Tips Tiny Titnium(Squeez Black)

・他、海外発送分ニコチン入りリキッド2種

数々のハズレリキを何とか消化すべく強めのメンソールを。もしかしたら、うまいことバケるリキも出てくるかもしれない・・・まっ、願望ですけどね。それから、これまでほとんど買っていないタバコ味のリキッドも試しておきたいトコロ。これは別注のニコリキと混ぜての使用予定です。
あとは、コンパクトサイズ向けのパーツ類です。予測がハズれた時の事を考えて、必要最低限に留めておきました。上手くいったら予備の分を揃えていきましょう。


とりあえず、リキッドの味見からやってみますか。

| | コメント (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »