« ('10)お出かけセット再考:後編 | トップページ | ('10)購入リキッド振り返り »

2010年10月11日 (月)

('10)マイクロテストチューブの事

現在、リキッド携行用としてマイクロテストチューブ(μチューブ)を使用しています。
(実のトコロ、Tinyカトマイザーサイズな極小のボトルが有ればPCC内に収納出来、何より吸い口側からドリップ出来るので楽そう・・・なんですが、そんな都合の良い物は簡単には見つかりません)

101_2
で、そのμチューブ、510なバッテリーが通りません。
リキッドが減ってくると、こんな状態になってしまいます。

102_2
そこで、パーツ箱を漁ってみました。
全てRCの部品です。
・Φ5mmボールスタッド
・何かのスペーサー
・タムギアオイルダンパー用ダイヤフラム


103_2
こんな風に詰め込みます。ようは上げ底をするワケです。
ダイヤフラムはこれまたナイスで絶妙なサイズで、μチューブ内壁に密着しております。
空気を上手く抜きながら、ゆっくり押し込まないと、ペロンと裏返ってしまうほど。
シール性に期待が持てそうなので、2枚重ねでいってみましょう。

104_2
差し込んだ際、アトマの先端がギリギリ当たらないトコロで固定出来ました。

105_2
μチューブ先端に溜まっていたリキッドを移し替えて様子見。
5時間経過しましたが、底へ漏れておりませ~ん。ナイス過ぎる。
休日の午前中にアタマをひねってみた甲斐がありましたね。

ホットボンドを充填する前にひらめいて良かった(笑

|

« ('10)お出かけセット再考:後編 | トップページ | ('10)購入リキッド振り返り »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。