« ('09)ノートPC:SSD速度低下(後編) | トップページ | ('09)ヘッドホンアンプ導入 »

2009年12月22日 (火)

('09)ノートPC:SSDファームアップ

12月上旬、PhotoFastよりIND系SSDのファームウェアがリリースされました。
SATA対応品のものだったので、冷やかし半分でマニュアルPDFをのぞいてみると・・・
09pcssd1_2
ついにきたぁぁぁーーーーーー!
ってか、サイトページ上で告知するんじゃ無かったのですか。そうですか。
現環境の整理とバックアップを行ない、ツールを入手するやいなや、いそいそとPCをバラしはじめるのでありました。

【前準備】
上記の様にB-D間をショートすると、SSDは待機状態(ファクトリーモード?)となり、OSの起動が出来なくなります。ファームアップツールはwinアプリの為、windows上で実行しなければなりません(さらにMSXML必須)。PC内にIDEの空きは無いし、USB外付けでツールから認識出来るかどうか分からないので、CDブートによる最小限のwindows環境を用意する事にしました。二種類の方法が候補に挙がります。

1.BartPEによるXPベースの環境
別途XPメディアが必要みたいですが、I386フォルダを指定すればイケルかも、との事。実行してみたところ、うまく作成出来ませんでした。BartPE本家サイトによると、プリインストールされたOEM版のXPでは作成を推奨していない様子。早々と諦めてしまいました。

2.WindowsPEによるVista/7ベースの環境
MS謹製につき、スムーズに作成出来そうです。700MB弱に及ぶファイルをダウンロードし、.NETframework2.0をインストールしてGoogle先生に作成手順を教わったりでやっとこさ作成完了(ちっともスムーズじゃ無かった・・・)。WindowsPE2.0、Vistaベースのブートメディアが出来上がりました。詳しい作成手順は割愛しますが、注意点をひとつだけ。オプションコンポーネントのMSXMLを忘れずにインポートしておきましょう。さもないとファームアップツールが動作しません(最初の1枚目で失敗しました)。今回は多言語環境以外、入れられるコンポーネントは全て入れました。

【ファームアップ】
作成したブートメディアから起動し、ファームアップツール(upgrade_ap.exe)を実行。なお、このブート環境ではUSBドライブを認識してくれたので、ファームアップツールはUSB外付けHDDから実行しています。
09pcssd2
09pcssd3
最終段のフラッシュメモリ消去後、ジャンパを元に戻してね的なメッセージが出てファームアップ完了です。

はれてFW1819になって、他のIND系SSDに並んだかと思いきや・・・他のメーカーでは次のバージョンがアナウンスされている模様。早くも周回遅れになりそうな予感です。
今回はファームアップもさる事ながら、速度低下への対処法(フラッシュ消去)が簡単になった事が大きな収穫となりました。
もう、HDAT2&HDDEraseでアタマを抱える事は無いでしょう(笑

|

« ('09)ノートPC:SSD速度低下(後編) | トップページ | ('09)ヘッドホンアンプ導入 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。