« ('09)外部モニター導入 | トップページ | ('09)アクティブスピーカー追加 »

2009年1月 4日 (日)

('09)外部モニターその後の顛末

※PC関連の記事については時系列がメチャメチャになっておりますのでご注意を

先日導入した液晶モニターの配置も決まり、ホクホクな週末の帰り。
「俺、家に着いたら久々にマトリックス全巻観るんだ・・・」

ひとまず付属のケーブルでノートPCと接続し、デスクトップの画面を出してみます。
なんだか、余白(ならぬ余黒?)がやたら多いです。液晶側でズームさせてみると、縦方向はそのままに横方向のみ、びろ~んと伸びてしまいます。WEBの商品説明によると、WSXGA+(1680*1050)よりも小さい画面モードの場合は拡大して表示、アスペクト比固定もOKとの事。なので、出力については軽く考えていたんですが・・・どうやら甘かった様です。
091
ノートPC側の画面モード変更で何とかなるか?と、色々解像度を変えてみるものの上手くいきません(ワイドな画面モードは、なぜかSXGA(1280*1024)で認識されてしまう)。ノートPCの液晶パネルは1280*800とWXGA(1280*768)より少し縦に大きい仕様で、ドライバ(メーカー純正)もそれにならって合わせている模様。他のワイド画面モードとしては1280*720(ハイビジョン720p)があり、設置した液晶側もXbox360用の画面モードとして用意されています。何とかなりそうな予感でしたが、リフレッシュレートが微妙に違うせいでしょうか、どうしてもSXGAで認識されてしまいます。折角の大画面をフルに活用出来ず、非常にもったいない状況です。

液晶メーカーのWEBをボ~っと見つつ途方に暮れていると、USB接続のVGAアダプタなる物を発見。様々な画面モードに対応し、値段は実売1万円弱。なるべく安く上げたい外部モニター環境でしたが、致し方無しという事で翌日にヨドバシで買ってしまいました。
092
アダプタの使用感としては特に不満も無く、目的の画面モードも手に入りましたので良かったかと思います。USB接続という事でレスポンスの遅延が懸念されましたが、DVD鑑賞にあたってはカクつき等も見られずスムーズに再生出来ました(ただし、DirectX等でのハードウェア依存の機能を利用したフィルタやエフェクトについては未対応)。普段使いでは十分満足です。

・・・
その後新年を迎えてPC初掃除の折、「ドライバ関連も一通り見直してみるか」と各々の内蔵ハードウェアについて確認中、OMEGADRIVER(ATIチップ向けアンオフィシャルなドライバ。ノートPCにも利用可能)の存在を久々に思い出し最新版をインストール。すると何やら画面モードが大量に追加されおり、内蔵パネル以上の解像度(WQXGAまであるよ・・・)までもサポートされています。あぁ・・・あの時、思い出していれば・・・くっ・・・!
093
今回は液晶が18,000円、VGAアダプタで10,000円の合わせて28,000円。
あと2千円追加で24インチ買えたじゃん!新年早々一体何なんだ!自業自得か orz
元旦はFANの羽を折り
2日は今回の後悔をし
3日はパチでコテンパンにやられ

きっと今年もロクな年では無さそう・・・

|

« ('09)外部モニター導入 | トップページ | ('09)アクティブスピーカー追加 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。