« ('08)NEWシャーシ追加 | トップページ | ('08)GB-01組み立て その2 »

2008年12月11日 (木)

('08)GB-01組み立て その1

届いた大量のパーツを前に、何から始めようか目まいに似たものを感じましたが、何はともあれ取説の順序で進めることにしました。オプションやビス類はその都度組み込んで作動を確認しつつ、適宜シムでクリアランスを取り、二度手間を省いていきます。何よりスタートする事が大事。

まずはギアボックスの組み立てから。
08gb011
早速オプション登場。っていきなりデフのバラシですか。
(中のボール小さっ)
(あぁスラストボール落としたー)
(あれ?何個だったっけ・・・6個しかないぞ)
(デフジョイントの説明書だと7個に見えるな・・・)
(1個無くした?orz)
等とデフ内の小さなボール達と戯れつつ、デフにオプションを組み込みます(後の情報によると、スラストボールは6個標準との事)。動きは・・・まぁまぁ。デフボールは追々セラダマに変えて行くのが吉っぽいです。

オプションのダンパーステーやバンパーセット、エアレーションオイルダンパーの取説とシャーシキットの取説、それぞれの間を行ったり来たりしながら、次々に組上げていきます。チタンビスとチタンボールスタッドを使用しているおかげで、ドライバーをほとんど替えること無くサクサク作業は進みます。それにしてもフロントサスピンのEリングは非常にはめ辛いですね。何個飛ばしたんだか(笑)

アンプ、レシーバー、タイヤを除き、シャーシは形になりました。
思いのほか、ダンパーステーがカッコ悪過ぎます。特にフロントは、その存在を主張し過ぎ、ってか穴空き過ぎです(セッティングの幅を広げる為のパーツなんだから当然ですが)。それにこのままだと、ボディのノーズが入らないっぽい・・・ダメかな。リアは・・・これもこんなに穴要らないな、ノーマルに戻そう。かくしてレーシングダンパーステーとカーボンプレート(F/R共)は、いきなりお蔵入りとなってしまいました。

次に、組み上がったシャーシへボディを合わせていきます。今回はサイドバンパーを取り付け、右側にアンテナを立てる事にしたので、逃げが必要です。また、リアダンパーステーも外側がボディに当たる模様。こちらはダンパーステーの端を斜めに削る事で対処しました。これでボディの着脱はスムーズになりました。

クリアボディが乗ったシャーシを眺めながら、カラーリングを色々と妄想。まぁホーネットなので、前と同じ色合いになる予定です。・・・で、眺めているうちにミョーな違和感を感じます。サスアームとフレームの色が違う(!)、いや、ダンパーステーも(!!)ってかシャーシのほとんどがグレーだ(!!!)

これはいけません、ナベで煮ましょう。って、全バラシ?

|

« ('08)NEWシャーシ追加 | トップページ | ('08)GB-01組み立て その2 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。