« ('08)GB-01ボディ補修 | トップページ | ('08)音楽データとストレージと »

2008年12月30日 (火)

('08)ケータイとBluetooth

夏頃の話になるんですが、ケータイの機種変に伴い周辺機器をひと揃えしました。
機種は(あまりネット上では評判のよろしくない)au W54S。Bluetooth付きの機種です。
2007年の秋冬モデルという事で、安く上がりました(ほとんどポイントでまかなえましたが)。

microSDスロット(SDHCには非対応)が付いているので、最大2GBのカードにあんなデータやこんなデータをパンパンに詰め込んで、出先で楽しむ事ができます。他にはBluetoothによるワイヤレスな音楽再生もかなり魅力的で、今回はそれに関する周辺機器を導入してみました。

【メモリカード】
Transcend microSD 2GB
仙台東口のツートップにて998円。当時、かなり安いなーと思って買いましたが、今では300円位で買えてしまうんですね。メモリ安が止まらない・・・(つい最近もう一枚買いました)

【イヤホン】
SONY MDR-EX90SL
後継と言われる MDR-EX500SL がリリースされ、市場在庫を残すのみで今後の入手が困難になるであろう、との予想から滑り込みキープ。発売当初から気にはなっていたんですがスルーしておりました。カナル型としては発売前予約までして買った SHURE E4 を持っているので、間に合ってるかなーと。やっと最近になって、ダイナミック式でSONYらしい元気な音が出るとの事で気になり始め、購入に至りました。
出音については文句無しで、楽しく聴くにはもってこいのイヤホンですね。加えてコストパフォーマンスが非常に良いです。ただし、音漏れが有るので電車の中や人の多い場所には不向きかもしれません。

【レシーバー】
SonyEricsson HBH-DS205
比較対象として SONY DRC-BT15 が有りましたが、電池の持ちで DS205 に決定。操作性は BT15 が上ですが、まぁ、ややこしい操作はケータイ本体側で行うでしょうから(笑)良しとします。

・・・
早速、手持ちのデータを LISMO Port 経由でいくつかインポートし、音を聴いてみます。
元々圧縮された音源を、更に圧縮して無線で飛ばす事になるので、音質の劣化(特に高音部のシャリつき等)が心配でしたが、全くの杞憂に終わりました。少なくとも自分の耳には問題無しです。
次に、どれくらいまで届くのかをテスト。部屋(2階)にケータイを置いて音楽再生、そこから徐々に離れていきます・・・庭に出ました。Bluetoothおそるべし・・・
08bluetooth
以上、いい感じに外出時の再生環境が整いました。
最大の問題は、あまり使って無い事か・・・

|

« ('08)GB-01ボディ補修 | トップページ | ('08)音楽データとストレージと »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。