« ('08)ケータイとBluetooth | トップページ | ('08)HDD外付けケースの事 »

2008年12月30日 (火)

('08)音楽データとストレージと

ストレージ(HDD)もだいぶ安くなり、ついこの間1TBが1万切ったと思ったら今では7千円台ですか・・・かつてSCSIボード込みの100MBを十数万で買った事を思い出します。「いやいや、俺なんか128MBのMOを(略」、「まったまった、俺なんかオムロンの96Kbpsを(略」・・・等とオッサンくさい話題が次々出てきそうなので、思い出すのやめます。

・・・
GW~晩秋にかけて、音楽データ(CD)の管理に色々と試していた時期がありまして、その辺の事をまとめてみたいと思います。
081
かつての保管方法は ATRAC3plus による圧縮保管でした。これは、2005年夏に購入したネットワークウォークマン NW-HD5H を起因としています。30GBのHDD内蔵型で、256Kbpsのデータが程よく余裕を持って収まる容量です。又、母艦となるノートPC側も60GBという事で、半分を上記領域に当てても無理なく運用出来ます。当時はこれで満足しておりました。

それから3年が経ち、ATRAC Advanced Lossless の登場やストレージの価格下落等、HD5H購入当時から状況が変わってきました。家聴き限定になりますが、ロスレスでの再生環境が整うのは非常に魅力的です。

【再生環境構築1回目】
まず初めに思いついたのが、保管データを全て ATRAC Advanced Lossless とし、それに伴うノートHDDの換装です。母艦PCは VAIO TypeS(VGN-S90PS) 2004年購入の初期型です。購入当時、IDEとしては最速の HTS726060M9AT00(日立7200rpm60GB)に換装済み。あれから3年経ったし、大容量のタイプが出ているでしょう、と軽い気持ちでHDDの選定に入ります。
・・・どこにも・・・売って無い・・・だと・・・?
「いまさらIDE?、しかも7200rpmって」と言わんばかりの「在庫無し」表示。日立の100GBが最大容量で取扱店は無く、メーカーでもディスコン(?)の模様。時代は3Gb/sという事なのか・・・。5400rpmのタイプなら取扱店は豊富。速度に不安を残しつつも、5400rpm160GBな HTS541616J9AT00 をチョイス。仙台東口ツートップにて、格安の外付けケースと共に購入しました。
ATRAC3plus 256Kbps → ATRAC Advanced Lossless への変更によってデータ量は3~4倍に膨れ上がる見込み。容量的には問題無いけど、速度が・・・遅い。遅すぎるよ orz
ネット閲覧&メール程度の普段使いで不満が出る遅さ。元々、削りまくり&サービス止めまくりのXPなので、これ以上の速度改善は見込めません。手持ちCDのリッピングも志半ばで止めてしまい、結局この環境は1ヶ月持ちませんでした。

【再生環境構築2回目】
次に思いついたのが、ノートHDDへのデータ内蔵は諦め、思い切って3.5inch外付け(既に所有している250GB)による保管。仕事を変えてからというもの、ノートPCを持ち出す事が無くなったので、まっいいかと。如何なる時も割り切りは必要(ぉ)。
以前購入の160GBはシステムのバックアップに回ってもらい、従来の60GBを戻します。まだまだ働いてもらいまっせ!・・・少々動作音が大きくなってきているけど。
折角なのでシステムの再構築から始める事にしました。工場出荷時の状態へリカバリーし、初期インストールされている不要アプリを次々と消して行き、OSのサービスパックやら更新を当てて一旦バックアップ。ここから自分用にカスタマイズしていくわけですが、少し変更してバックアップ → 2~3日使用 → また少し変更してバックアップ → 2~3日使用 → またまた少し(略・・・を繰り返していきます。何かしら問題が出たら直前のバックアップに戻すと。システム構築は、いちいち面倒ですが楽しい部分でも有り、これだけで半月は過ごせますね(笑)。
メーカー製ノートPCという事もあり、nLite等の漢ツールが使えない事(やれば出来る様ですが、ちと複雑/面倒っぽい)やメーカー独自ツールによって動いている独自サービスの情報が薄い事等、納得のいく削りを行えないのが少々残念です。

【再生環境構築3回目】
しばらくの間システム構築に夢中になり、本来の目的であったハズの、ロスレスでのデータ保管をすっかり忘れていた事に気付いたお盆明け。いそいそとリッピング作業を開始しました。手持ちCDはせいぜい300枚弱程度なので、1日10枚やれば1ヶ月で終わるなと。作業開始から1週間程経ったところで、新たな疑問が沸いてきました。
(現状、外付け250GBにロスレスデータを保管しているが、どうせならCDイメージで良いのでは?HD5Hへの配慮はどうするか?ノート内蔵HDDはガラガラに空いている?アイツ結構面白そうなCD持ってるな?中古でライブラリ揃えたくなってきた?アイツって誰?)
作戦変更です。

【再生環境構築4回目】
様々な要素を取り入れた結果、以下の様になりました。
・CDはイメージで保管
・上記イメージから ATRAC3plus でノート内蔵HDDへリッピング
・アイツのCDと買足しを考えると容量は増えそう
・よって500GBの増設
・外付けケースも2個入り型へ変更
という事で、リッピング作業は仕切り直し。500GBへCDイメージをせっせと記録していくのでありました。

【再生環境構築5回目】
CDイメージの記録を終わり充実感と開放感に浸っている休日の午後、これで終わりでは無い事に気付きました。ATRAC3plus へのリッピング作業です。今回はさらにジャケットの登録作業が追加されますので、ゴールは果てしなく遠いものとなります。
翌日より、またせっせとリッピング作業に戻ります。リッピング中の空き時間をジャケットの検索&正方形へのトリミングへ宛て、少しでも時間効率良く作業を進めて行きます。
ジャケット画像を正方形へトリミングする理由は、単純に余白が出るのを防ぐためです。楽曲管理ソフトとして SonicStageCP を使用していますが、ライブラリ内のジャケット一覧表示が非常にカッコ良いので、少しでも見栄えを良くしたいので行っています。
082
上記作業を終えたのは11月も半ばを過ぎており、思い立ってから半年がかりの作業となりました。途中途中で寄り道をしながらの作業でしたが、諸々の情報を集めるにつけ得るものも多く、中々有意義な半年間だったと思います。

|

« ('08)ケータイとBluetooth | トップページ | ('08)HDD外付けケースの事 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。