« ('07)3月第五回目走行 | トップページ | ('07)DF-03組み立て その2 »

2008年12月 1日 (月)

('07)DF-03組み立て その1

前回にて独り言の様な日記(回想録)も終わりましたので、ここからは口調と共に雰囲気を変えて始めたいと思います。(自分への備忘録も含んでいますので・・・)
・・・
前回の走行にて走行可能な車体が無くなった事で、組み立てに俄然ヤル気が起きてきました。DF-03は組み立ての際にチョットしたコツを要するシャーシの様です。予めネット上で得た情報を参考に、順次組み立てて行こうと思います。

【ボールデフの組み立て】
フロント、リア共に基本的な構造は同じ。ただし、リアの場合はカップジョイントがスチールと樹脂の2ピース構造になっており、樹脂の部分については強度面でやや不安が残る模様。そこで、サードパーティからリリースされているスチール一体型のカップジョイントを購入、又はキット標準のフロント用カップジョイントを2~3mm程度削って使用するのが良い様です。尚、削る箇所はドッグボーンが入る部分です。
カップジョイントとデフプレートは瞬間接着剤で固定します。接着面は必ず脱脂しておきたいトコロですね。接着剤には耐衝撃性のものを使用すると良い感じです。また、デフプレートのボールが当たる面を細目の耐水ペーパー等で磨き、平面を出しておくと良いでしょう。

スラストベアリングには、モリブデングリスや粘度の高いグリスを溢れる程タップリ塗ります。グリスでモールドする感じで、ケチらずに塗りたいものです。
デフボールは予め脱脂の上、デフグリスをタップリ盛ってハウジングへ。デフプレートも脱脂後、デフグリスをモリモリ盛って組み付けます。上記の溢れ出たグリスは拭き取っておきます。
テンションスプリングは予めペンチで潰しておくと、後々の調整がしやすくなります。

最後にネジを締めこんで固定するのですが、一体どれだけ締め込むのが良いのか悩むトコロです。両側のカップジョイントが回らない様に固定し、ハウジング(ギアとなる部分)を力いっぱい回してみて、回らなくなるトコロ(表現が難しい・・・)までネジを締め込みます。
私の場合は、一旦最後までネジを締め込んでから少し緩め、そこから徐々に締めて確認→締めて確認を繰り返して調整しています。各社からリリースされているデフセッティングプレートを使うと、両側のカップジョイントがカッチリ固定され、調整が楽に行えます。
 
オフ車の場合は、オンやツーリングの様にスルスルである必要は無いと思います。やはりトラクション重視という事で、ある程度固めが良い感じでしょうか。ボールデフだけでも、これだけのコツがあります。ラジは奥が深いですね。完成まで道程は長そうです・・・

|

« ('07)3月第五回目走行 | トップページ | ('07)DF-03組み立て その2 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。