« ('07)5月第一回目走行 | トップページ | ('07)5月第二回目走行 »

2008年12月 2日 (火)

('07)5月上旬某日 GW終わっちゃった・・・

結局GW中の走行は2回きり。少なっ。
まぁ無理をしてデフ壊してしまったので自業自得ですが。

で、連休も終わった平日。タミヤカスタマーへパーツ注文。デフキャリアと3mmデフボールがあれば修理出来るんですが、それだけじゃ代引き手数料が勿体無いので、ついつい追加してしまいます。デフを挟む2mmのビスが弱そうなのでナットとセットで。あとはフロントジョイントカップとデフプレートあたりも。ぽちっと送信・・・。週末には届くかな?

・・・
金曜日だと云うのに寄り道もせず、まっすぐ帰宅。
帰宅後、丁度パーツが届いたのでいそいそと組み立てます。連休中foxyunさんからアソシのステルスデフルーブを譲ってもらったので、今回はコレを使ってみます。さてさてどんなものか。

デフキャリア内のボール、デフプレート両方にタップリとデフルーブを盛り付けます。もう、それは豪勢・豪華に。2mmのビスに通すスラストベアリングには、これまたアソシのブラックグリスを・・・と行きたいトコロですが、キット付属のアンチウェアグリスとモリブデングリスが余っていたので、これらをミックスした特製ブラックグリスを使用します(モリブデンとアンチウェアの中間、丁度良い固さのグリスが出来ました)。コレをスラストのボール部分にタップリ塗り込みます。

次に加速感がイマイチだったので、スリッパーを取り外してみます。日頃の走行シーンではジャンプ台とかは無いので、ギアへの負担は少ないだろうと判断。ホイールスピンは・・・タイヤのチョイスとスロットルワーク(要は腕)の練習でカバーですね。これで加速が鈍いとなると、デフの組み方に問題が有る(滑っている状態)ワケで、更なる精進が必要という事になります。

仕上げにモーターのヒートシンクバー周り。
ラジマガの連載記事で、ヒートシンクバーを外側に配置してモーター周辺に熱が篭らない工夫が紹介されていました。早速頂いちゃいましたが、ややボディと干渉気味なので思い切ってボディ後方部分を切り取ってみました。ちょっとマヌケ面ですが、風がヒートシンクに当たる感じ(?)なので、コレで良しとします。放熱が少しでも良くなればいいなと。

明日予定のラジは久々のオフロードなので、新品のフロントタイヤを持っていく事にしましょう。・・・おっと接着しとかないと。

|

« ('07)5月第一回目走行 | トップページ | ('07)5月第二回目走行 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。