« ('07)3月第一回目走行 | トップページ | ('07)3月上旬某日 »

2008年11月29日 (土)

('07)3月第二回目走行

0732
穏やかな午前。昨日買ったヒートシンクの取り付けにかかる。

モーターカンの表面に貼ってあるアルミステッカーがジャマをしている様で、なかなかに渋く、固い。ステッカーを剥がす事に、何となく抵抗があるのでグイッと無理矢理はめ込んでみる。付いた。結構サマになっているな。悦に浸っていると、foxyunさんから電話。何やら夢の土地を求めて家の近くを走っているラシイ。何だか面白そうなので同乗させてもらう事にした。程なくしてfoxyunさん到着。出発~

砂利の少ないダートでソコソコ広さが有る空き地。
こんな夢の土地をドリームと呼び、旅に出る野郎2名。利府の辺りに何やら有りそうだぞ、との事でそっちへ向かう。造成地というか土砂置き場というか、そんな感じのトコロに居ました居ましたよ~ラジな人が!

ブーン。飛行機が飛んでいるよ。空挺部隊ですか。
クルマを止めてしばし見学。ふとフェンスの方へへ目をやるとRRC-利府ラジコンクラブなるパイロンが立っている。あぁ、ちゃんとしたクラブなんだな。ココは彼らのドリーム。ジプシーな俺たちが入り込む余地は無さそうだ。

RRCへ幾らかのジェラシーを感じつつ、クルマは北へ。
次は宮床ダムを目指す。道中、ソレっぽい場所を見かけては「おぉっ!んん!?うぉっ」ととか2人で声に出す。とある駐在所の傍に良さそーなダート。でも所々にクルマが止まっている。良く見たら中古車ディーラーか何かの車両置き場だった。さすがにココはマズイかな?さらに先へ進むとパトカーが台座の上に乗っている。結構、飛ばす道なのかな。しばらくして宮床ダムに到着。低めの芝生に適度なギャップと十分過ぎる広さ。隣接された公園はホントに素晴らしかった。ここで走らせたらなぁ~。と妄想する男2人。

いや、ダメだ、無理だろ。手入れが行き届き過ぎている。
何より人が多すぎ。この中でラジ車をブイブイ走らせるのははばかれる。惜しいなぁ。

次は泉ヶ岳へ。林道から回り込み、スキー場へ出るルート。
こういう道を走る時は、車高が高いとイイね。GPSも有るし。わりと深めの雪もモノともせず、上り道をグングン進んで行く。まだ二駆だし余裕!とか得意気に走るfoxyunカー。おぉ、もう少しでスキー場に着きそうだね(地図上では)そんなトコで雪はぐっと深くなり、四駆のローギアでも前に進まなくなった。アチャー。どうも限界っぽいので引き返す事に。マイナスイオン~とか外の空気を吸っていたあたりが花。行く先にタイヤ跡は有ったんだけどなー。

色々と回り道をしつつ、目的のスキー場へ到着。
駐車上にはドリフト跡がいっぱい。それを禁止する為なのか所々走行スペースが隆起している。まぁ、当然の措置ですか。ここでトイレ休憩を取り、次なる目的地へ。

今日の最終目的地となる七北田ダム(の上のほう)へ到着。
途中、ランクルがありえない場所でハマっていたが無視して奥の空き地へ。時間は既に15:30をまわっていた。ここで小一時間程走らせよう。

おぉぉまっすぐ走らない!スロットル7割位が限界ライン。ぱっと見、そーでも無いと思っていた砂利がかなりあるな。さらにブルドーザーか何かの跡でマシンが跳ねる跳ねる。
0731
途中、水溜りに落ちそうになりながらも走行を楽しみ、景観をバックに記念撮影。
0733
寒くなってきたので撤収。お、ランクルが居なくなってる。脱出出来たのか。

泉市街地を通り、コンビニへ寄ってもらう。
今日、ほとんど何も口にしていないんだよね。水分補給。しかし今日はかなり移動したなぁ。久々のドライブ。foxyunさん運転お疲れさまでした~。

さて、掃除とメンテが大変そうだな・・・

|

« ('07)3月第一回目走行 | トップページ | ('07)3月上旬某日 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。