« ('07)2月上旬某日 | トップページ | ('07)2月上旬某日その3 »

2008年11月28日 (金)

('07)2月上旬某日その2

仕事から帰ると、宅配便の不在通知がポストにあった。
運転手さんに電話して、再度来てもらう。あざーっす。

先日ポチったタイヤ関連とユニバーサルシャフト、あらかじめ買っておいたジョイントカップと、パーツが一通り揃ったので、作業再開。

脱脂洗浄しておいたギアボックスにリアサスアームをあてがい、加工が必要な箇所をチェック。ちょっとのカットで済みそうだ。金ノコで不要部分をカットし、ヤスリで整える。あぁ、ついに手をつけてしまったな。再入手はほぼ不可能のパーツなので使い切るしかないか。今後の不安を感じる。(この時はホットショット再販など知る由も無く・・・)

カットした部分に穴が開いてしまったので、ココをバスコークで塞ぐ。テープで目張りをして、バスコークをニュルニュル。ついでに、ギアボックス内部が無駄に広くグリスが飛び散り、なんかもったいないなーと前から感じていたので、すき間を埋めていくことにした。ハイ、ニュルニュル~。半日で実用程度まで硬化し、完全硬化まで24時間。明日まで手を付けられないので、次の作業へ。

前から試してみたかったタイヤが今、目の前に。
ホクホク顔で開封すると、なんかタイヤが茶色っぽい。いや、全くの茶色。
(ええぇぇぇ~?なんだよコレ不良品かよ!全部茶色!もともとこんなの?カッコワリー)
とかブツブツ言いながら接着面を脱脂洗浄していると、みるみる黒くなっていった。あっ、離形剤が付いていただけなのね。ゴメン、プロライン。
タイヤ内径を指でグルグルし、インナーを馴染ませる。続いてホイールをはめ込み、形を整えて瞬着を流し込む。さすが低粘度、ムラ無く接着出来た。白くならないしイイ!
フロント、リア共に2種類なので、合計8本のタイヤを接着。しかし、こんなにタイヤ揃えたの初めてだな。

バスコークの硬化待ちという事で、この日は作業終了。明日まで乾けばいいけど・・・

|

« ('07)2月上旬某日 | トップページ | ('07)2月上旬某日その3 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。