« ('07)初走行の翌日 | トップページ | ('07)1月中旬某日 »

2008年11月27日 (木)

('07)1月第二回目走行

タイヤも新調し、心機一転という事で今日は5パックくらいは走らせたいぞと。

先週はあいにくの雨模様で走行不可能だった公園。枯れた芝の上で走行開始!
メンバーは、なかみちさん、foxyunさん、今回初顔合わせのmirageさん、自分の4名(4台)。マシンリストは以下(間違ってたらゴメン)

な: ナイトロフォース(内藤さん)NDF-01(GP)
ふぉ:フォックスミニ GB-01
み: インプレッサWRC TT-01D
へ: ホーネット改 ホーネットのシャーシ&他
(これまで日記の中で、やれシャーシ切り出しだ、やれダンパーが合わねえだと色々書いてきましたが、そういえば具体的なシャーシ構成を書いていませんでしたね。ホーネットのバスタブとホットショットのギアボックスをカーボン板でジョイントした2コイチマシンです)

尚、mirageさんはオン仕様で頑張る模様。が、ボディがインプレッサWRCなのでアリだなとも思った。まずは思い思いで個々に走らせる。オフ車3台、大中小。追いかけっこを始めると、トムとジェリーの様相を呈していた。

バッテリーを交換しようと、ボディを外す。シャーシ内部への枯れ芝の入り込みが相当にスゴイ。さらにドライブシャフトやアップライトに絡みつく~。インプレッサに至ってはシャーシ全体が芝で覆われていた。まるで巣篭もりの様。ヒナでも育てているんですか?

「あっちにグラウンド(野球場)あるよ~」という事で移動。2塁3塁間の往復レースをするも、砂が深くテールが落ち着かない。タイヤが合ってないので当たり前か。早々に戦線離脱してしまう。

芝へ戻り、内藤さんの予備タイヤを使って簡易パイロンにし、M字コースの完成~。ここは全車(比較的)まともに走るのでレース開始。タイムを計るでもなく、ラップを重ねるわけでもなく、ただ追い抜き追い越されのマッタリレース。いかにコーナーをカッコ良く攻められるかが重要。しかしこのクルマ、タイヤ替えても全然曲がらないな~。

このコースでワイワイやっていると、内藤さんと相撲を取り勝ってしまう。おぉ勝ったぜ~と余裕こいていると、なんかおかしい。フロント片側の車輪がこっち向いている。ん?近寄ってみると、サスアームとダンパーシャフトが折れていた。この故障、20年前にもあったっけなぁ。原因は先頃のホイール割れと同じかな。もともと強度上に問題はあったんだろうけど。試合に勝って勝負に負けた気がした。
071_7
バッテリーはまだ満タンなので、まだイケる!と無理矢理レース続行。が、3周もするといよいよヤバくなってきた。折れたサスアームが路面に引っかかり、縦に宙返り。限界かな。ボディをみると、いろんなトコロが割れていた。自分以外にも、フォックスミニのサスアームも折れた模様。この日、ナイトロフォースには「クラッシャー内藤」の称号が与えられる。(byふぉ)
 
なんだかんだで5~6パック分は走行出来、非常に満足。毎回こんな感じで楽しめるとイイなぁ。ところで、フロントサスアームどうしよう。

|

« ('07)初走行の翌日 | トップページ | ('07)1月中旬某日 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。