« ('06)12月中旬某日 | トップページ | ('06)12月末近辺 »

2008年11月26日 (水)

('06)12月下旬某日

ガクブル問題が未解決のまま、気分を変えてボディ作成に取り掛かろう。
シャーシ側はアンプを変えれば終了っぽいし。先は見えた!

先月にタミヤカスタマーから取り寄せておいたボディとステッカー2セット。とりあえず、練習用に1セット作ってみるか。
まず、ポリカボディをハサミでチョキチョキ。細部はカッターでなぞる。あ~懐かしい感触だなぁ。エッジをペーパーでヤスってと。そんなこんなで外形は終了。チョイ切り過ぎたけど気にしない。リハビリリハビリ。

次は内側。ボディをシャーシにあてがい、ダンパーポスト、他干渉する部分をカットしていく。リア側、だいぶ切ったけど大丈夫かなぁ。クラッシュですぐに割れるな、きっと。
(原因はリアダンパーのマウント方法に問題有りなんだけど、当時はより良い方法を思いつかなかった。今は改善済み)
切らなきゃシャーシに乗らないので、ここはサッサと諦める。面取り後、中性洗剤で水洗い。よーく水を切っておこう。
・・・
今回は黄色と黒のツートンで行く予定。チョイNEWMANっぽく、では無くてホーネットボディなので蜂っぽいイメージで。でもクマンバチは黒(←純正カラー)だよね。この色だとミツバチになるな。まっ、いいか。

前半分黄色、後半分黒に設定。ポリカボディは内側から塗るので、濃い色(=暗い色)から塗っていく。って事は黒からだな。マスキングテープでラインを貼り、古新聞でマスク。ポリカスプレー黒をシューっと。3回くらい重ね塗りをし、乾いたトコロで塗装面を光にかざして、塗り残しやムラをくまなくチェック。OKっぽい。

次にマスキングを慎重に剥がしていく。あ、塗膜くっついてきた。塗装皮膜が厚めの場合、マスキングラインをカッター等でなぞっておくと、うまくいくんだったよな。スッカリ忘れていた。
で、次は前半分の黄色。ようは残り部分。マスキングは省略でいいや。コレも黒同様、3回程重ね塗り。なかなかムラが消えんな。5回目くらいでカンベンしてください的な気分になったので、黄色やめ。夕方16:30を過ぎて辺りが暗くなってきた。急ごう。乾燥後、シルバーで裏打ちをしてみる。

余計にムラが目立ってしまった。orz

かー、裏打ち白でやっとけば良かった・・・
次回へのコヤシとするか。最後に再度黒で全体を覆う。塗装はコレで終了。

続いてステッカー。純正の他、いくつか用意してみた。
小心者/貧乏性の性なのか、貼って無いスキマが有ると、どうも落ち着かない。ついついゴテゴテと貼り付けてしまう。夢中でステッカーを貼りまくり、貼れるスキマも無くなって完成かと、全体を眺める・・・。一体いくつあんのよタミヤロゴ。一歩引いて見ても見なくてもダサダサである。この辺りの感覚は小中学生の頃から成長していない模様。あれから20年間、美的センスは養われなかったらしい。が、イイ感じで思い出に浸れたのでこのままにしとこ。いずれダサさも味になってくるさ。

ホーネットはボディのハカマが浅い(横側)のでバスタブフレームの横っ腹が丸見え。なんか寂しい。なので、ここにもドデカイ「TAMIYA」。やっぱステッカー貼りは面白いな~。
早くこのボディ乗っけて走らせたい!

|

« ('06)12月中旬某日 | トップページ | ('06)12月末近辺 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。